データベースサンプル

RPGツクールMVで使えるデータベースサンプルのページです。お使いのRPGツクールMVへデータを導入することで簡単に使用することができます。データベース入力の手間を省きたいという方にオススメです。

  • データベースサンプル1
  • データベースサンプル2
  • データベースサンプル3
  • データベースサンプル4

利用規約

RPGツクールMVのユーザー登録をしている方ならどなたでも制作にご使用いただけます

これは、RPGツクールMVで作品を作る際にそのままデータベースとして組み込む、またはこれを元にしてデータベースの制作を行うことができます

使用する際の素材明記等は特に必要ありません

二次配布は禁止です

利用方法

①まず、MVで新規プロジェクトデータを作成した後、MVを閉じてください(プロジェクト名はお好きな名前を付けてください)

②次にそのプロジェクトデータのフォルダを開き、「DATA」フォルダを開いてください

③ダウンロードしたデータベースサンプルの中にあるファイルを全て、「DATA」フォルダへコピー&ペーストします(「同じ名前のファイルが○個存在します」というウィンドウが出てきたら、ファイルを置き換えるを選んで上書きしてください)

④再度MVを起動し、先ほど作ったプロジェクトデータを開き、データベースを開いてください。データサンプルが入力された状態のデータベースが表示されます

⑤あとは、自分の作品へコピー&ペーストしてそのまま使ったり、改変したりして使用してください

制作途中のプロジェクトデータへ直接データベースサンプルをコピー&ペーストすることも可能ですが、マップIDによっては、せっかく皆さんが制作したデータベース等も上書きされてしまいます。 そのような事を防ぐため、 新規にプロジェクトデータを作成して、その中にデータベースサンプルをコピー&ペーストすることをオススメします

公式データベースとの違い

RPGツクールMVのVer1.3.0以上のアップデートファイルに同封されている公式のデータベースとの違いですが、全体的なデータの数(特にエネミーデータ)はこちらの方が充実しています。しかし、公式にはあって、こちらのにはないものも当然ありますので、組み合わせて使うのが良いと思います。

inserted by FC2 system